読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近藤貴馬(西喜商店 四代目)のブログ

京都の老舗青果店、西喜商店の四代目。㈱セガにて6年間営業職を務めた後、㈱地元カンパニーに入社。「地元のギフト」事業の全国展開を担当。営業のみにとどまらず地域に関わる様々な業務をこなし、2015年に京都にUターン。現在はリノベした京町家に住みながら、西喜商店の事業拡大に取り組む。

京都に移住して一年が経ちました。32歳になりました。

 

いろいろ詰め込み過ぎの一年でしたが、京都に帰ってきて一年が経ちました。
元気で過ごせていてそれが一番幸せです。
なにはともあれ京都に帰ってきてよかったなと思っています。

1)八百屋の後を継げた。

 八百屋を継ぎたいと思ったのは今から5年も前の事ですが、ちゃんと八百屋を継ぐことができたことは、自分の人生の中でもとても大きな成果です。
八百屋自体は始めてまだ一年経っていません。もっともっといろんなことにトライしたいと思っています。自分にしかできないことですし。
最近なんで八百屋を継いだのか、と聞かれたら、「自分にしかできないから。勝手な使命感です。」と答えることにしています。

2)家族で楽しく暮らすことができている。

 そういえば京都に移住する前のさらに地元カンパニーで働く前に、コーチングを受けたのですが、その時に自分の理想的な姿を、夜家に帰ったら明るい家で家族で夕食を食べること、と定義したのですが、それが実現できていることがうれしいです。朝は早いですが、満員電車に揺られること無く、6時半には家に帰って、奥さんとこどもと3人で晩ごはんです。

ぼくはこどもの頃からこのスタイルだったので、それ以外の生活が想像できなかったのですが、こどもができたタイミングでこれを実現できて本当によかったです。京都に帰って、自分が好きな場所に家をつくったからこそできたことです。

3)健康になった

 野菜中心の生活になって、あきらかに体調がいいです。そりゃ風邪をひくことはありますが、痩せたし、体が軽いし、自分自身が健康だなって思えていることがいい状態だと思います。
 京都だからどこでも自転車でいくっていうのも関係しているかもしれない。自転車生活と野菜生活は健康の最高のエッセンス。

4)京都はいい

 同年代で自分で仕事つくって、じぶんで暮らしを作っている人が多いので刺激だらけだし、成長意欲がやまない。毎日おれもがんばろうと思える。
 田舎と都会が近いのも本当にいい。フレッシュな気分になりたいときはちょっと車で遠出すればすぐ自然。日常の便利な都市機能はちゃんと使う。子育てにはほんとにいい。

 

5)新しいことを始めたい。

 この一年間は、東京から家族まるごと引越て、家建てて、DIYして、店もDIYで直して、八百屋始めて、やることなすこと全て新しいことでした。

 次の一年はちゃんと八百屋を続けること、プラス新しいことをやめないこと。京都は八百屋が多い。僕が八百屋を継ぐと決めた時はあんまりなかったのに、今やマイファームとか坂の途中とか。すごい嫉妬もする。焦るけど焦らない。自分にできることを粛々とやる。もうぼくはあんまり焦らないってずっと前に決めたんで、自分なりにこれからもやっていきます。

 八百屋をやっていると、思うことはとっても多いです。オーガニックうんぬんの前にやっぱり野菜と果物を食べる家庭が減りすぎている。そこが社会の一番の問題なんじゃないかと思う。肉も野菜も果物もバランスよく食べる、バランス良い世の中になるために仕事がしたいです。

それを踏まえて新しいことやりたいな、というのが32歳の目標です。

32歳もどうぞよろしくお願いします。