読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近藤貴馬(西喜商店 四代目)のブログ

京都の老舗青果店、西喜商店の四代目。㈱セガにて6年間営業職を務めた後、㈱地元カンパニーに入社。「地元のギフト」事業の全国展開を担当。営業のみにとどまらず地域に関わる様々な業務をこなし、2015年に京都にUターン。現在はリノベした京町家に住みながら、西喜商店の事業拡大に取り組む。

フードロスという言葉に興味がある人に知ってほしいこと

こんにちは。 京都七条千本の八百屋、西喜商店の近藤です。 普段は、産地直送!今が旬!有機無農薬! と、耳障りの良い言葉を使ってプロモーションしていますが、 当店の商売の基本は京都中央卸売市場の場外売店という立場です。 私も八百屋をついでまだ1年…

お客様は神様な訳がない。

travel.spot-app.jp とてもいい記事だと感化されました。 商売はお金と商品の等価交換とはその通りで、 お金を払ったら何をしてもいいという考え方はなくなるべきだと思います。 特に単価の低いサービスを提供する事業者は本当に下に見られるなと 八百屋を継…

大きい会社はどんどん大きいことをやればいい

japan.cnet.com Amazonの食品配送サービスが話題です。 はてブのコメントを見てるとネットスーパーの方が便利という声も 多いので、大手スーパーにはどんどんやりあってもらいたいと思います。 八百屋的には、あるいは小さな小さな極小商売人的には、 大きな…

事業承継で直面するいくつかの悩み①〜父親との関係について〜

最近、事業承継について話を求められることが多いので、 手が空いた時に思いついたことを書き留めていこうと思います。 私の八百屋、西喜商店は先祖代々の家業を継いだパターンの 事業承継です。 おおよそ90年前に曽祖父が始めた八百屋を、 祖父が今の場所で…

八百屋という職業の価値を高める必要がある。

八百屋に限らず、農業でも、漁業でも、 第一次産業に近い位置で働いている人の価値を高める必要がある。 まず、八百屋をやっていると3割位のお客さんがタメ口で話してくる。 ありえない。 たまにキレてタメ口で聞き返すこともある。 ありえない。 あきらか…

八百屋冥利

実はこっそり「野菜の定期宅配」をやっています。 ご自宅や職場まで僕が選んだオススメ野菜&果物セットをおまかせで 定期的に配達しています。今は知り合いのみです。 このサービスを利用いただいているお客さまから、 「西喜商店に関わってから食べること…

西喜商店に並ぶ野菜と果物の特徴について

他の八百屋やスーパーとどこが違うのか、と聞かれることが 多いので、西喜商店の野菜や果物の特徴について記載します。 1)前職の株式会社地元カンパニー時代にお付き合いさせて頂いた、 全国のつくりてさんからの仕入れ。 私は2013年5月から2年間、株式会…

家族の風景

オバマ大統領の演説、ぐっと来ました。 全体的に評価が高く、はてぶのコメントでも 「みんなが正しいと思う綺麗事は代替正しい綺麗事だから言い続けるべきだ」 という内容のものがあって、その言葉そのまま同意した。 それで、飛躍するけど、僕が京都に帰っ…

京都に移住して一年が経ちました。32歳になりました。

いろいろ詰め込み過ぎの一年でしたが、京都に帰ってきて一年が経ちました。元気で過ごせていてそれが一番幸せです。なにはともあれ京都に帰ってきてよかったなと思っています。 1)八百屋の後を継げた。 八百屋を継ぎたいと思ったのは今から5年も前の事で…

京都に移住して7ヶ月が経ちました。

5年前に、実家の八百屋を継いだら面白いな。と思いました。 移住をするのに5年かかりました。 この一年は目まぐるしいものです。 一年前に、出産準備のため、所沢にある妻の実家に居候のため東京から引越。 1月にこどもが生まれました。 4月で、株式会社地元…

京都に戻ろうと思った理由〜岡山編〜

※この投稿は、2013年5月に私が前職である株式会社地元カンパニーに入社した時に書いた記事です。大企業で働く続けることに疑問を感じつつも、なかなか現状から脱却できなかった自分からの解放がテーマの記事です。20代中盤でモヤモヤ期のサラリーマンの方は…

京都に戻ろうと思った理由〜鳥取編〜

※この投稿は、2013年5月に私が前職である株式会社地元カンパニーに入社した時に書いた記事です。大企業で働く続けることに疑問を感じつつも、なかなか現状から脱却できなかった自分からの解放がテーマの記事です。20代中盤でモヤモヤ期のサラリーマンの方は…

自己紹介②〜今に至ったそもそも〜

※この投稿は、2013年5月に私が前職である株式会社地元カンパニーに入社した時に書いた記事です。大企業で働く続けることに疑問を感じつつも、なかなか現状から脱却できなかった自分からの解放がテーマの記事です。20代中盤でモヤモヤ期のサラリーマンの方は…

地元カンパニー入社時の自己紹介

※この投稿は、2013年5月に私が前職である株式会社地元カンパニーに入社した時に書いた記事です。大企業で働く続けることに疑問を感じつつも、なかなか現状から脱却できなかった自分からの解放がテーマの記事です。20代中盤でモヤモヤ期のサラリーマンの方は…